沿革

1947(昭和22)年
東京都港区本芝町に船舶用伸銅品の販売を目的として、新井脩が舶用伸銅株式会社として創業

創業当初の社屋

創業者新井修と綱領

1949(昭和24)年
東京都港区新堀町に移転
1951(昭和26)年
舶用伸銅株式会社を解散し、東京伸銅株式会社を設立 資本金700万円
1955(昭和30)年
事務所及び倉庫を増改築 資本金1,000万円
1962(昭和37)年
古河電気工業株式会社の伸銅品販売の指定問屋となる

古河電気工業株式会社の資本参加を得て資本金2,500万円

1964(昭和39)年
東京都大田区仲池上2丁目10番地に本社・倉庫を建設・移転
1967(昭和42)年
古河電気工業株式会社の軽金属製品販売の指定問屋となる
1971(昭和46)年
資本金2,725万円
1983(昭和58)年
新井秀雄が代表取締役に就任
1985(昭和60)年
東京都大田区仲池上1丁目19番地に本社・倉庫を建設・移転

現在の社屋

取締役社長 新井秀雄

1993(平成5)年
ドイツ製高輝度アルミニウムシートの輸入、在庫販売を開始
1995(平成7)年
光ダクト照明装置の開発に着手
1997(平成9)年
沖縄県庁地下駐車場に国内最初の光ダクト照明装置を納入

光ダクト放光部

沖縄県庁外観

2002(平成14)年
NEDO(新エネルギー・産業技術開発機構)の公募プロジェクト「地球環境工場」に参加

光ダクトの改良と応用技術研究に着手

2003(平成15)年
株式会社マテリアルハウスと改称
2008(平成20)年
自然採光新技術『スカイシャワー、指向性光ダクト、木漏れ日装置』を開発、販売開始

NEDOの推薦でスカイシャワーなどの採光装置を洞爺湖サミット会場に納入

スカイシャワー

指向性光ダクト

2010(平成22)年
明るさの変動をおさえたフラット採光技術を開発、販売開始
2015(平成27)年
夏季の熱入射を抑止する「SSF採光装置」を開発
2016(平成28)年
津市産業・スポーツセンターの屋内スポーツ施設(サオリーナ)に大規模光ダクトを納入

光ダクト放光部

サオリーナ外観

2017(平成29)年
鉄道車輌用の大型型材納入開始
2018(平成30)年
ベルギー製アルミ建材の輸入販売開始

自然採光事業で古河電工グループと販売協力

海外名門ホテルへの建材納入

2020(令和2)年
新型コロナウイルス対策製品の販売を開始(紫外線用アルミ反射板リフレクタ、飛沫防止テーブルパーテーション、自動手指消毒機)

電話でのお問い合わせ

電話:03-3751-5113

平日 9:00~17:30

 

株式会社マテリアルハウス

自然採光事業部

光ダクト見学会開催中です!

ふらっと見学できる全国の施設

【光ダクト】 アーバンネット日本橋二丁目ビル


アーバンネット日本橋二丁目ビル

【スカイシャワー】 DENSO AQUAWINGS


DENSO AQUAWINGS

工業製品事業部のHPはこちら

PAGE TOP