光フィルター 推奨条件

本製品の機能と特長

本製品はトップライトの直下に取付ける製品です。自然光の入射量を調整し、その光を拡散させ快適な室内空間を創りだします。

設置後のメンテナンスは原則として不要です。

入射した光の拡散効果

直射日光の有無(晴天時、曇天時)に関わらず、本体の上面部から入射した光は、本製品を通して室内の広い範囲に拡散されます。

まぶしさを和らげ、明るさを整える効果もあります。

木漏れ日効果

晴天時、本体の上面部に直射日光があたると本製品を通して室内に入射した光は、木漏れ日のような光模様を室内に放射します。

特に、SXタイプは、放射する模様が細かく複雑になり、より木漏れ日に近い印象を演出します。

sタイプ、sxタイプの模様の差はこちらをご参照ください

 

夏は涼しく(夏抑止)、冬は明るく(冬増幅)する効果

「夏抑止」

4月から8月の日差しが強い時期、特に正午前後の強い日差しを跳ね返す機能があり、強くなりすぎる日差しの入射を抑えながら室内を明るくします。

「冬増幅」

11月から2月の日差しが弱い時期、より多くの光を下方に取り込む機能があり、暗くなりがちな冬期に室内を明るくします。

効果的にご利用いただくために

透明なトップライトの下に設置してください

トップライトの光を透過する部分にガラスや、アクリルなどを使った場合、光を調節するなどの目的で不透明にしたり、凹凸を付けるなどの加工を加えられているものがあります。

例えば乳白色、すりガラス、型板ガラスなどを使ったものの場合「木漏れ日効果」は失われてしまいますので、透過率の高い透明なものをご使用ください。

設置方向・方位にご注意下さい

本製品の本体には、採光性能を十分に発揮するための設置方向があります。

方位マークが最も南に来るように設置してください。

方位マークが真南より-45~45度の範囲でご利用ください。

これ以上の範囲でもご利用いただけますが、「木漏れ日模様」が目立たなくなったりします。

上下方向や方位など、十分ご注意ください。なお、取付作業は必ず施工業者が「取付条件」と「取付方法」に従い行ってください。

屋根勾配は、水平、または南下がりをおすすめします

「夏抑止」「木漏れ日効果」など本製品の主な特徴は、本体の上面部に直射日光が当たることで発揮されます。

なるべくトップライトの直下に取り付けられるようにしてください。

屋根勾配が北下がり(北向き)の場合、直射日光が本体に当たる時間が短くなりますので、十分な効果が期待できません。

屋根勾配は6寸勾配(約31度)までが目安になります。

効果的にご利用いただける部屋の大きさの目安

図1は設置推奨空間を示します。図2のように、本製品を複数設置することでより広い空間でも効果的にご利用いただけます。

この場合は、本製品をある程度離して設置すると室内の明るさがより均一になります。

複数台を密着して設置頂いても、光を拡散させる性質上、広範囲により多くの陰影模様を映し出す効果が期待できます。

「木漏れ日効果」は陰影が映し出される壁や床面の明るさやコントラストによって大きく変わります。

壁や床面などの背景を明るくしたり暗くすることで、陰影の模様が強く浮き出たり目立たなくなったりします。

時間変化・季節変化による陰影模様の違いについて

時間変化や季節によっても陰影模様が移ろいます。
夏は涼しく(夏抑止)、冬は明るく(冬増幅)する効果がありますので、冬場のほうが陰影模様が多く、くっきりと見えます。

電話でのお問い合わせ

電話:03-3751-5113

平日 9:00~17:30

 

株式会社マテリアルハウス

自然採光事業部

光ダクト見学会開催中です!

【光ダクト】 アーバンネット日本橋二丁目ビル


アーバンネット日本橋二丁目ビル

【スカイシャワー】 DENSO AQUAWINGS


DENSO AQUAWINGS

工業製品事業部のHPはこちら

PAGE TOP